脇の脱毛と女性ホルモンの関係

女性ホルモンの分泌は、脇脱毛と関わりがあるものです。エステによっては、どの程度の範囲や濃さのむだ毛を処理するかで金額がかなり違うことがあります。脱毛を行うべき範囲やムダ毛の濃さは個人個人で違うため、エステの金額にも差が出ることがあります。体毛の量や頭髪の量に個人差があるのは、女性ホルモンや男性ホルモンの量が関わっているといいます。男性ホルモンが毛穴の数に作用しますが、生まれたばかりの頃は男女問わず毛穴の数は同じくらいのようです。体が大きくなるに従って、毛包量は変わります。おおよそ14歳ぐらいで毛包の数は固定するといいます。頭髪以外の毛は、女性ホルモンの活発化で抑えられます。女性ホルモンがよく出る方ならば、脇毛が多くない事例をよく聞くようです。心身の状態や生活習慣、普段食べているものや両親から引き継いだ形質などてホルモン量は違うため、体毛には差が大きいようです。脇の脱毛処理や抑制に効果的とされる女性ホルモンは、加齢やストレスなどで分泌量が下がる、といった特徴もあります。大豆イソフラボンなど、女性ホルモンと同じ働きをする栄養を補うことは、肌の状態を健康に保ち、脇などのムダ毛を抑制する効果があるので、おすすめです。大豆イソフラボンは、納豆や豆腐、豆乳など、身近な食品で手軽に摂ることが出来ます。大豆イソフラボンを配合した抑毛ローションや抑毛ジェルも人気があります。日頃の脇の脱毛ケアと共に併用することによって、ムダ毛の再生を抑えることが可能です。

コメントを残す